カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

清家未森

Author:清家未森
第四回角川ビーンズ大賞読者賞受賞。
現在ビーンズ文庫さんでお仕事をしています。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いばら姫発売

遅くなりましたが、発売されました!


身代わり伯爵といばら姫の憂鬱 (ビーンズ文庫)身代わり伯爵といばら姫の憂鬱 (ビーンズ文庫)
(2014/05/31)
清家 未森

商品詳細を見る


幼いリヒャルトと第五師団団長ジャックがかわした約束を描いた「身代わり伯爵と遠い日の約束」や、ミレーユの計らいで実現した、リヒャルトとキリル兄弟の絆を描く「身代わり伯爵とはじまりの旋律」をはじめ、ミレーユの第五師団時代の奮闘を描く「身代わり伯爵と開かずの間の謎」、シルフレイアの結婚を描いた表題作「身代わり伯爵といばら姫の憂鬱」など、超豪華書き下ろし100ページ以上! ファン必読、珠玉の短編集!!



今回も見開きカラーの人口密度がすごい、そして美麗!
ミレーユがしてる花冠はリヒャルトが作ってくれたんですね。

口絵のフレッドとセシリアは、数年後バージョンです。
このセシリアがすごく可愛い…! というか超美人!
いつも可愛いんですけど(見開きの、むぅっとしてる表情も可愛い)、
なんだか見ててドキッとするというか。

掌編に合わせて、大人になった二人のイラストにしたいんですけどいいですか?と言われ、
そんな素晴らしいものを見せてもらえるなんて逆にいいんですか?とにやにや楽しみにしていました。
皆さんもきっとにやにやされたんじゃないかなと思います。

懐かしい短編たちも、あらたに扉絵や挿絵をつけていただいて
またよみがえったような気がしますね。

表題作の『いばら姫の憂鬱』について。
当初は二人がくっつくところまでしか考えてなかったんですが、
本編が進んで、いつのまにか結婚式が終わってた…というところまで来てしまい、
せっかくなのでそこも書かせてもらいました。
そう考えると、とてもいいタイミングだったなぁと思います。
実は、何年も前にザビ掲載の予定があって途中まで書いていたお話でした。
ページ数の関係でとても全部を書ききれないと思い、その時は断念したんですが
こうしてじっくり書く機会をいただけて本当にありがたいです。
ちなみにこの話の後、「姫君の宝物」のクイズ大会に繋がっていきます。

カインとジークの関係はたぶん初出だったと思いますが
さりげなく一緒にいるシーンがいくつかあるんです。
この短編もそうですね→本音の出し方
リヒャルトやフレッドに対するのとはまた違う親密さというんでしょうかね。

久々の短編集でしたが、楽しんでいただけたでしょうか。
読んでいただき、ありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。