カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

清家未森

Author:清家未森
第四回角川ビーンズ大賞読者賞受賞。
現在ビーンズ文庫さんでお仕事をしています。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新シリーズ企画

投票して選んでいただく新作短編3本が公開されました。

こちらで読めます↓
http://www.kadokawa.co.jp/migawari/special/

短編なのであまり世界観や設定など盛り込めなかったため
少しだけ補足というか解説を。


・古代ファンタジー

古事記をモチーフにした作品です。
もともと同じ古代ものでシリアスな雰囲気のものを作っていたのですが
ちょっと暗すぎるな…と自分で思ったので、気を取り直して別の題材で明るめのお話を考えてみたところ、こうなりました。
一応神様だというのにこんなキャラにしてしまって、罰が当たらないといいなと思いつつ
楽しんで書かせてもらいました。


・大正ロマンミステリー

この短編では、あんまりミステリーという感じはしないかと思います。
もしシリーズ化されるとしたら、ミステリーぽいファンタジーになるのではないかと。
ヒーローは作中で「おじさん」呼ばわりされてますが、歳が少し離れてるだけでおじさんではないです。念のため。


・中華ファンタジー

お気づきの方もおられるかと思いますが、こちらは六蓮国と同じ世界観のお話です。
太子=六蓮2巻に出てきた華瑛の縁談相手
主人公の姉=六蓮の季隆の姉弟子
という繋がりがあります。
久々の中華ファンタジー、懐かしかったです。


投票期間は4月30日までになります。
よろしくお願いいたします!



メールをくださった皆さん、ありがとうございました。
新刊の感想も、誕生日のお祝いも、どちらも大変嬉しいです。

カラーイラスト素晴らしかったー!という皆さんの感想に
大きくうなずきました。
あの短編を書いて本当に良かったと私も思っております。
物語は残り少なくなってきましたが、完結までいろいろ妄想してもらいながら
楽しんでいただけるといいなと思います。

感想は、お手紙でもメールでも、一言感想でも長文でも
なんでも嬉しいです。
基本的に家で一人で書いているので、書いたものが本当に読者さんまで届いてるのか
いまだに実感が持てない時があります。
なので、いただいた感想を読むのが執筆する上で一番の糧になっております。
いつもありがとうございます!

メールで住所をいただいてた皆さん、お返事が遅れていてすみません。
もう少しお待ちいただけるとありがたいです。

お手紙のほうは、転送されてくるまで結構時間がかかる場合もありますので
その点をお気に留めておいていただければと思います。
よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。